秋大会は、9月24日(土)です。
内閣総理大臣賞をとったこともあるほどの花火師によるすばらしい花火が見られます。
打ち上げ開始時間は18:45、打ち上げ終了時間は21:15。
2万2000発もの花火が打ち上げられます。
4月2日に行われた大会の上位3チームと全国から競合花火師チームが集い腕を競い合います。
特別観覧席も用意されていて、前売りで買うと最大2,000円得になります。
世界花火師競技会については予選会もハウステンボスで行われています。一般の人たちに行ってよかった、行きたいと思っている花火大会を聞いたところ次のような花火大会が人気です。1位は新潟県長岡市の「長岡まつり」。2位は秋田県大仙市の「大曲の花火」。3位は三重県熊野市の「熊野大花火大会」。4位は大阪市の「なにわ淀川花火大会」。5位は茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」。6位は山形県鶴岡市の「赤川花火大会」。7位は東京都の「隅田川花火大会」。8位は滋賀県大津市の「びわ湖大花火大会」。9位は東京都の「東京湾大華火祭」。10位は横浜市の「神奈川新聞花火大会」。先ずは洗濯機で洗う場合、四角い洗濯ネットに浴衣をたたんで平たく入れる事でシワが付きにくくなります。
洗濯機を使う場合は通常コースではなく、「手洗いコース」「ソフトコース」と言う様なコースを選び洗濯する様にしましょう。
また脱水においてもしっかり脱水するのではなく、30秒位の脱水時間で充分だと思います。
また、1度着ただけなのであれば洗剤は必要なく、水洗いで充分です。
洗濯機で洗うのが不安だと言う方は「手洗い」をしてみましょう。「浴衣」についてご存知でしょうか。
着物の種類に属している物で、木綿で作られている着物の事を指しています。
通常の着物の場合は長襦袢を着た上に着物を着ますが、浴衣の場合は素肌の上に直接着る様になっています。
簡単な和装と言っても良いかもしれませんね。
浴衣が出来た頃は平安時代だと言われていますが、この頃今の銭湯の様に複数人でお風呂に入る頃が有ったそうです。
その際、裸を隠す目的、また木綿素材なのでお風呂から上がった時の汗や水分を取る目的として浴衣を着る様になったと言われています。豊田おいでんまつり花火大会では、オープニングから盛大。
前半は全国的にも有名な花火師たちが創作花火を打ち上げ、日本煙火芸術協会作品のスターマインなどが打ち上げられます。
前半からかなり盛り上がる花火大会です。
後半は見どころの1つでもある手筒花火があります。
火の粉をものともせず大きな手筒を持ち続けて花火を打ち上げる姿は勇壮です。
最大の目玉となるのは、メロディ花火。
音楽と花火をシンクロさせて花火を打ち上げます。茨城県の土浦市で行われている有名な花火大会「土浦全国花火競技大会」です。
競技部門として3部門あります。
スターマインの部と10号玉の部と創造花火の部です。
3部門の中で最も優れた人に内閣総理大臣賞が贈られます。
他にもスターマインの部には経済産業大臣賞、10号玉の部には中小企業庁長官賞、創造花火の部には茨城県知事賞がそれぞれ優勝者に贈られます。
全国から有名花火師が集って競い合うため、最高技術を駆使した花火を見ることができます。
2015年は10月3日に行われました。
打ち上げた花火は2万発です。
70万人以上の人が訪れました。対して年に数回、花火大会やお祭りの時だけしか着ないと言うのであれば、レンタルした方がお得だと思います。
レンタルであれば、毎年違う柄が着れますし、レンタル代金だけで済むので安価に済む場合が多いです。
次に「値段」です。
浴衣の値段はピンキリです。
数万円と高い物も有れば1万円程で買える安い物も有ります。
また、浴衣セットになると小物と帯など、必要な物がセットになってお得な値段で購入できます。更に寒色系の淡い色合いの浴衣の場合、ピンクがかった肌の人が似合うと言われていますし、緑やオレンジと言った可愛い感じの浴衣には、黄身が強めの肌色の人が似合うと言われています。
更に、先ほど濃紺の浴衣には色白の方が似合うと書きましたが、濃紺の生地に柄が白の大き目の柄の物を合わせると、肌と浴衣地、浴衣地と柄の色のコントラストがキレイに出て良いと思います。
また同じ色合いの浴衣でも、肌の色が違う人が着ると印象が違ってきます。
赤の浴衣を着た場合、色黒の方は元気な印象に、色白の方は明るい印象になると思います。
ですから必ずしもこの色合いの時はこの肌色の人と言うのではなく、結果的に自分に似合う色合いの浴衣を選ぶ事が大切なのです。割物は光の代わりに色煙を使い、菊、牡丹などを表す高度な技術を必要とする花火になっています。
夜花火では十号玉と創造花火を打ち上げます。
創造花火は秋田県大仙市が発祥地。
設けられたテーマに沿って、形、リズム、色彩、立体感など創造性を駆使して花火と打ち上げます。
有名職人たちが自分の持てる力を存分に発揮して、すばらしい最新花火を次々に打ち上げます。
ここでしか見られない花火もたくさんあります。
他とは一味違った魅力ある花火大会だと思います。鶴岡市では8月14日~21日まで1週間、お祭りウィークが開催されます。
その開催期間中にイベントの1つとして、赤川花火大会が行われるのです。
赤川花火大会では、特別プログラムが用意されています。
オープニング花火から始まり、市民花火、エンディング花火、ドラマチック花火など趣向を凝らした花火を見ることができます。
花火は赤川河畔に用意される特別観覧席から眺めるともっともよく見えますし、打ち上げ時間より何時間も早く行って暑い中待つ必要もないためおすすめです。
特別観覧席は事前予約販売となります。

ミネラルボディシャインジェル